通販おせちと添加物

おせちの添加物は積極的にチェックしよう

通販で買うおせちにかぎらず、お店で売っている多くのおせち料理にいえることですが、
使われている添加物については、購入する前に積極的にチェックするべきだと思いますし、
どんな添加物が使われているかわからない不安がどうしてもぬぐえない場合は購入するべきではないと思います。

 

コンビニエンスストアやスーパーで売られているお弁当などについても、
添加物が使用されていることは周知の事実ですから、
ネット販売されているおせち料理も決してこれの例外ではありません。

 

しかし、現在、ネット販売されているおせち料理の多くが、
その使用添加物について情報公開しています。
消費者自身が、添加物の有無や使用添加物について
納得した上でおせち料理を買うべきだと思いますし、
同時におせち料理を販売する側も、使用添加物についての情報を明らかにすることで、
販売店・会社の、食の安全性に対する姿勢に信頼が生まれると思います。

おせちに使われる主な添加物

食品添加物についてかなりざっくりいえば、食材の鮮度保持や保存上の問題、
見た目の鮮やかさの保持を目的として使われる場合が多く、
酸化防止剤や保存料、pH調整剤や着色料が使われています。
このほか食感保持のために使われる安定剤、乳化剤、膨張剤などがあります。

 

おせちの食材でよく見る牛蒡や栗などに使われることが多いのが、
漂白剤添加物で、次亜硫酸Naや亜硫酸塩が使われているものもありますし、
甘味料としてカンゾウ、ステビア、ソルビトール等も使われています。
花餅などによく使われる添加物に、乳化剤としてカゼインナトリウムが、
着色料としてコチニール、クチナシ色素などがよく使われています。

おせちの食品添加物の安全性

食品添加物の安全は、その摂取量で決まるといわれています。

 

おせち料理自体が、お正月など特別な機会にしか口にしないものですから、
通販などで購入するおせち料理を食べたからといって、その添加物が原因で
すぐ健康に影響が出るようなことは考えづらいです。

 

しかし人によっては、普段の食生活で食品添加物の摂取量の違いもありますし、
使われている食材と、気を使っておきたい添加物もあると思います。

 

消費者が積極的に添加物について正しい知識を持って、
自ら確認することが大切だと思いますし、購入する側のそういう姿勢が
本当に安心して購入できるおせち料理を作っていくんじゃないかなと思います。

 

お節料理ランキングサイトトップへ