冷凍おせちの解凍の仕方

お勧め解凍法は、やっぱり冷蔵庫で

通販で購入する約半分のお節料理は「冷凍」だといっても過言ではないと思います。
この冷凍のお節料理、あたりまえですが食べる前に解凍しておかないといけません。
お節料理を買ったお店のHPにも、解凍方法は記載されていると思いますが、
もういちど、その解凍の仕方について、紹介しておきたいと思います。

低温解凍と常温解凍

そもそも、解凍の方法には大きくわけて2通りの解凍の仕方があるわけですね。
つまりそれが、低温解凍と常温解凍というものです。

低温解凍

簡単に言うと、冷蔵庫の中や冷暗所(管理人の場合は、冷たくなりすぎないように温度管理したクーラーボックスなど使ってます。)
(※お節料理を食べるのもお正月で真冬なので条件さえ作れれば、室内でも可能です。)での解凍です。冷蔵庫内でいえば5℃前後、冷暗所は5〜10℃前後というところでしょうか。

 

冷蔵庫内での解凍は、低い温度が一定に管理されるので、
ゆっくりと時間をかけた解凍が可能になり、
食材の旨みを含む水分が滲み出たり、結露が起きるという心配がありませんので、
ほぼすべてのお節料理のお店では、この方法が推奨されているかと思います。

 

ただし、購入したお節料理を保管できるだけのスペースが、
各家庭の冷蔵庫に確保されていないといけません。重箱のまま冷蔵庫に
入ればいいのですが、無理な場合は中身を小分けする必要が出てくると思います。
せっかく盛り付け済みのお節料理を買っても、
手間が増えてしまうことになりかねませんので、冷蔵庫にはお節料理を
解凍時保管するためのスペースを作っておくことが必要になります。

 

年末に買い込んだ食材が冷蔵庫内にいっぱい入っている家庭も多いと思いますので、
大き目の発泡スチロール箱やクーラーボックスがあればそれを活用して、
その中でおせちの解凍をするのもいいかと思います。
また、暖房や日光のとどかない部屋があるなら、冬の時期ですのでそういった
冷暗所での解凍も可能だと思います。ただし冷蔵庫と違い、
温度変化には気をつける必要がありますから、時々解凍具合をチェックしましょう。

常温解凍

10℃〜20℃前後での常温解凍なら、冷蔵庫などに比べれば早く解凍できるので、
急いでいるときなどにはこの解凍方法が便利だというメリットはあります。
ただし暖房の入った室内での常温解凍だと、
どうしても食材の水分の滲み出しや、結露の可能性が否めませんし、
うっかり長い時間放置してしまったりすると、
食材の変質も招きかねないので注意が必要になります。

解凍に必要なおおよその時間

冷蔵庫内での低温解凍でお節料理を解凍する際、
重箱を重ねたまま入れるとその分解凍に要する時間は長くなりますので、
たとえば3段重の冷凍お節料理を解凍する場合であれば、
お節料理を食べる予定時間の丸24時間前から解凍開始したいところです。

 

重箱を一段ずつわけて冷蔵庫内に入れることが出来るなら、
食材表面の乾燥を防ぐ為ラップで包んだ状態にして、
おおむね20時間程度での解凍になります。

 

室温が5℃から10℃の室内冷暗所の場合、概ね12時間程度での解凍が見込まれます。
常温解凍の場合、室温によりますが6時間〜の解凍時間が必要かと思います。
ただし、重箱がこれより多く、4段、5段の場合、
これより若干解凍時間がかかる場合があるので、必要に応じてチェックしたいところですね。

 

 

お節料理ランキングサイトトップへ