おせち料理の値段

買うおせち料理と作るおせち料理の値段

個人的に思うのは、そもそもおせち料理は、何人前作るのかとか、
材料が高級かそうでもないかなどでも最終的な値段は変わっていくるけど、
とりあえず自分で作ってちゃんと準備しようと思ったら
それなりにお金と時間と手間ひまがかかるものだと思っているので、
年末の予定が立て込んでいる中、どれくらいの品目の料理を作るのか考えて、
買い物も料理も全部やるのは、それなりの労働になることは間違いないです。

おせち料理は買うと高くつくから作ったほうが安い、確かにそれもいえると思います。
ではおせち料理には、一般的にどれくらいのお金がかかるものなんでしょうか。

おせちを作る際の値段

材料費

おせち料理を作る際の労働に関するお金が換算できないことを前提にして、
自宅でおせち料理をイチから作った場合のお金がどれくらいかかるのかについて、
少し調べてみたところ、2012年のマイナビニュースのマネー記事※では、
※マイナビニュース:マネー「おせち料理」を一から作るコストは?  2012/12/25
http://news.mynavi.jp/news/2012/12/25/063/
3人前から4人前の、以下の内容のおせち料理を作るとして、

  • 黒豆・・約594.5円
  • 田作り・・約161.5円
  • 伊達巻・・約241円
  • 数の子・・約2,166.5円
  • 栗きんとん・・約435円
  • たたき牛蒡・・約149.4円
  • 紅白なます・・約105.1円
  • 紅白蒲鉾・・約800円
  • 昆布巻き・・約786.4円
  • 鯛の焼き物・・2,000円
  • 海老の焼き物(煮物)・・約4,691.5円

材料費だけで約8439.4円が必要になった、ということが書かれていますね。
また、記事の中でも材料費の相場によって、
最終的なコストが大きく変ってくることが触れられています。

 

ふだんはそんなに高い値段ではない材料でも、年末が近づくにつれて、
普通のスーパーでもおせち材料の値段が毎年高騰しますから、
高級な材料を使うとなれば、単純に何倍かのお金がかかる計算になります。

 

なので、値段が高くなってしまう食材で保存が利くものに関しては、
早めに、できればクリスマスまでには買い込んでおく、というのも
出来るだけ安い値段でおせちを作る際のポイントになるかもしれませんね。

料理の手間

おせち料理に入れる定番の料理にも、
その料理によって比較的簡単に作れるものと、時間がかかるものがあります。
昆布巻きや伊達巻など、どうしても時間がかかってしまう料理は
料理慣れしている人ならそれなりに手際よく作れるかもしれませんが、
そうでない人にとっては、かなり時間と労力を要することになると思います。
しかも、自分でおせち料理を作る際には「失敗する」というリスクが常にあります。

 

そういった場合、手間のかかる料理を省いて、出来るだけ簡単に作れる献立に
してしまうのも失敗をふせぐひとつの効果的な方法であり、
失敗して材料を無駄にしないためのコスト削減の方法でもあると思います。

 

また定番の和風おせち料理にこだわらず、洋風、中華などで、
自分が作りやすい料理で、おせち料理を作っていくのであれば、
先に書いた材料費の高騰も避けることができるかもしれません。

買うおせち料理の値段

最近の通販をはじめ、デパ地下や街のスーパーなどでもおせちの売り上げが
急激に伸びていることを考えると、お正月に食べるおせち料理を買う人が
どんどん増えているんだなと思います。

 

現在おせち料理はいろんなお店で販売されるようになりました。
それこそ料亭やホテル、レストランをはじめ、デパートや街のスーパー、
宅配のお弁当屋さんや惣菜店など、様々なお店でおせち料理の販売が扱われています。

 

しかし、販売されているおせち料理は値段が高い、という人も多いです。

 

たしかにデパートで販売されているおせち料理の値段が高いというのはよく耳にします。
5万円とか7万円の値段が付いているおせち料理もめずらしくありません。

 

この値段になるのは、流通の際にかかわる中間業者のマージンが価格に含まれる為、
同程度の内容のおせち料理も、製造から販売までに中間業者をはさまなければ
大きく値段を安くすることが出来る、ということがあるようです。

 

この点でいえば、ネット通販で購入できるおせち料理は、
製造から販売までが一貫の店も多いことから、
同程度のクオリティのおせちを比較的安く販売することが出来る
ようですね。

 

現在販売されているおせち料理は、美味しいものも多いですし、種類だって豊富です。
正月の3が日の間、何人の人でおせち料理を食べるのか等の条件でも、
おせち料理の値段に対する考え方は変わってきますが、すくなくとも、
自分の予算にあわせて選ぶという基本姿勢があれば、
高い値段のおせち料理を無理してまで買うことはない
ですし、
作れる料理は自分で作り、手間がかかる料理だけ購入するなどの方法も選択できます。

 

とはいえ、やはり出来るだけ安く、美味しいおせち料理を買いたい、と思うのは人の常。
通販おせちには、早期予約で大幅に安く購入することが出来る『早割り』の制度もあります。
安くて美味しいおせち料理がゲットできるように、出来るだけアンテナを張り巡らせておきたいところです。

 

年の初めのお正月の食卓を飾るおせち料理。
少しの工夫と考え方で、料理もお金も納得できる内容に出来るはずだと思います。

 

お節料理ランキングサイトトップへ