100万円 おせち料理

話題性はダントツ、しかも売れているらしい

100万円のおせち料理、と聞くと冗談だとしか思えない庶民の管理人ですが、
実際にここ数年何度も100万円以上の値段のおせち料理が登場しているんですね。
しかも驚くことに、毎回売り切れているらしいなんて話を聞くと
数量限定ということを差し引いて考えても、もうわけがわからない世界です。
ともあれ、どうせ浮世離れするなら、おせち料理を100万円超える値段に設定するほうが、
話のタネには景気がいいし、お正月をぱっと華やかにするしで、いいんでしょうね。
ということでここでは、歴代の高額おせち料理をざっと紹介してみたいと思います。

大和リゾートの100万円おせち

2013年の正月おせちに、大和リゾートが発売したおせち料理の値段がなんと100万円。
以下は、その内容を報じた日本経済新聞2012/9/4 12:01の記事引用です。

大和ハウス工業(1925)傘下の大和リゾートはおせち料理「ダイワロイヤルホテルズ 寿(ことほ)ぐおせち」を発売した。全15種類のうち、フォアグラやキャビア、伊勢えびなど高級食材を使った金杯付きのおせちは8個限定で100万円。12月5日まで予約を受け付け、12月30日に届ける。

 

100万円のおせち料理は著名料理人の石鍋裕氏らが手がけ、ブルターニュ産のオマールえびやトリュフなども使った。造幣局品位刻印付きの純金の金杯は直径約5センチメートル。キャビアを盛る器として使える。


画像はhttp://image.itmedia.co.jp/l/im/nl/articles/1209/05/l_ah_osechi1.jpgより引用

ダイワロイヤルホテルズ寿慶裕(じゅけいゆう)より引用

かつてのフレンチの鉄人でも有名な石鍋裕氏らが高級食材をふんだんに使って、8個限定で販売したという100万円フレンチのおせち「寿慶裕(じゅけいゆう)」。
伝統工芸士の水口進氏作による造幣局品位刻印付き24金金杯が付いていたそうです。
やはりおせち料理そのもので100万円、というよりもシェフのネームバリューや
特典込みの価格だということなんでしょうけど、
しかし、純金の金杯がいくらくらいの値段だったのかも気になるところです。

高島屋:金重箱おせち1890万円

画像はhttp://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3e/d5/86e098aa19fbeb0c3373c678b45e95f5.jpgより引用

引用画像http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3e/d5/86e098aa19fbeb0c3373c678b45e95f5.jpg

こうなるともうワケが分からないんですが、
値段だけ先にいうと1890万円。

 

2012年に創業180周年を記念して高島屋大阪店が
3組限定で企画・販売したという、
金工芸品の人間国宝奥山峰石氏作による、
3.35kg純金金塊板使用重箱に、
高島屋の専用カタログから選択した老舗名店の高級食材を
入れることが出来たそうです。

 

 

重箱の画像を確認しただけでも、とても精密で美しい細工が施されているのがわかります。

 

そもそもが高島屋大阪店の創業年にかけて、価格を1800万円にする予定だったのが、
金の価格急騰で1890万円になったというとてつもなさ。
高島屋のおせちでは今年も高額おせちでほぼ50万円のおせち料理も販売されていますから、
毎年こういった超高額おせち料理で話題をさらっていますので、今後も期待出来そうです。

 

このほかにも、いくつか100万円以上の値段のついたおせち料理があったようですが、
それらは料理の価値だけではなく、高級な重箱であったり、
高級ホテルのスイートルーム宿泊券がついていたりと、
豪華な付加価値が特典としてセットされているというものですね。

 

それにしても、こういったとてつもない高額なおせち料理を
購入出来る人がいるんだなと思うと、ほんとうにうらやましい限りですね。

 

お節料理ランキングサイトトップへ